ネイルスクールに通えば技術を身に付けることができる

実技試験対策が重要になる

検定合格者の指導を受ける

マニキュア

ネイル検定には、筆記の試験と実技の試験があります。この中で筆記の試験は、ネイリストとして働くための知識を問うものです。実技の試験では、ネイリストとして働けるスキルを持っているかどうかチェックされます。どちらの試験においても、できるだけ高い点数を取らなければ、ネイル検定には合格しません。筆記の試験はテキストを読んで、ある程度自分で勉強できます。しかし、実技の試験は独学で勉強するのは難しい面があります。自分のネイルのスキルが適切であるか判断することは、できません。自分では適切だと思っていても、プロの目から見たら改善すべき点があることもあります。ネイル検定の合格者のプロに見てもらう必要があります。ネイリストの学校では、ネイル検定を受けるためのコースがあるので、そこに入学して指導を受けるのが一番確実な方法です。そのような学校では、ネイル検定の合格者が講師として働いています。自分が合格した時の経験に基づきながら、教えてくれるので、ネイル検定に合格するためのノウハウを学べるようになります。またプロとして働いている人もいるので、自分が検定に合格した後の働き方の参考にもなります。ネイル検定の2級に合格すれば、プロのネイリストとしてサロンなどで働けるようになります。2級の実技試験では、いろいろなチェックポイントがあります。10項目のポイントが、試験官によって調べられます。その中のポイントには、カラーリング、ネイルアート、全体の仕上がりなどが含まれています。

検定に対する準備

ネイルチップ

ネイル検定にはいくつか種類がありますが、よく知られているのが日本ネイリスト検定試験センターが主催する、ネイリスト技能検定試験です。このネイル検定は、3級から1級のレベルがあります。筆記試験と実技試験があります。3級から順に合格して受験資格を得ていかなければならないことを知っておきましょう。ネイル検定3級は、ネイリストとしてのネイルケアやネイルアートに関する基本的な知識や技術を問われる内容です。筆記試験はマークシート、実技試験は事前審査とアート実技です。事前審査では、テーブルセッティングや消毒管理がチェックされ、モデルの爪の状態も見られます。実技試験では、自分以外にネイルアートを施すモデルを準備する必要があります。爪や爪周りに皮膚疾患がある人はモデルにはなれないなど、モデルにも条件があるのでよく確認しておきましょう。ネイル検定3級に合格すると、2級の受験資格が得られ、2級に合格すると1級の受験資格が得られます。2級は、ネイルサロンで働ける程度の知識や技術を、1級はプロレベルの内容を問われます。筆記試験、実技試験、モデルの準備など、基本的な試験構成は同じです。必要な道具や用材も受験する級に応じて準備し、持参しなければなりません。3級、2級は年4回の試験が、1級は年1回の試験になります。全国の試験会場で行われます。3級は6600円、2級は8800円、1級は11000円の受験料が必要です。それぞれ約1ヵ月程度の受験申込期間があり、WEB申込と郵便払い込み用紙による申込ができます。

レベルによって難易度が違う

ネイルアート

ネイル検定とは、ネイリストの質を高めるために作られた検定試験のことです。高いレベルの検定に合格することでネイリストとしての技術力を証明することができるため、初心者のみならず多くのプロが挑戦しています。ネイル検定は開催している団体によって大きく2つに分けられます。それぞれレベルごとに試験が設けられており、合格するためには学科試験と実技試験の両方をクリアすることが必要です。それぞれの実施頻度と難易度について以下に説明を行います。一方のネイル検定試験については、3級から1級までの3段階の試験が用意されています。3級は義務教育を終えた人であれば誰でも受験することができますが、それ以上は前の級に合格しないと受験資格が得られません。3級で出題されるのは基本的な内容です。しかし、2級になるとサロンで働くプロのレベルが要求されます。1級に合格するためにはトップレベルの知識と技術力が必要です。3級はほとんどの人が合格しますが、2級や1級になると4割にまで下がる程難易度が高くなります。3級は年に4回、2級と1級は年に2回実施されています。もう一方のネイル検定には、初心者を対象とする試験とプロを対象とする試験があります。プロ対象の試験は更に3つのレベルに分かれており、上に行く程難易度が高くなるのが特徴です。初心者対象の試験は8割の人が合格しますが、プロ対象になると1割程度にまで下がる程難しくなります。いずれのレベルの試験も年に2回実施されています。